スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.11.03 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    クリーニングキットとレシピブック

    0
      フィリップス ヌードルメーカーの本体サイズは
      幅215×奥行き343×高さ300mmとなっています。

      重さは7.8kgで消費電力は200Wです。

      一回に作れる麺は最大で600gです。
      これはだいたい4人分くらいの量ですね。


      フィリップス ヌードルメーカー
      分解して掃除をすることが出来ます。

      また、製麺キャップには
      専用のクリーニングキットが付属されています。

      剣山のような形のクリーニングキットを穴に通すことで
      製麺キャップを簡単に掃除をすることが出来ます。


      フィリップス ヌードルメーカーには
      専用のレシピブックも付いています。

      このレシピブックは日清フーズと共同で開発されたものであり
      36種類のレシピが掲載されています。

      初めのうちは、このレシピブックを参照しながら
      麺作りに励むのが良いでしょうね。


      ★ヌードルメーカーの詳細はこちらから

      フィリップス ヌードルメーカー(楽天市場)

      フィリップス ヌードルメーカー HR2365/01(アマゾン)





      早く麺が作れる理由

      0
        フィリップス ヌードルメーカーなら
        2人前(約250g)の麺であれば
        およそ10分で作ることが出来ます。

        これを手打ちで作るとなると
        こんなに早くは作れないですよね。

        しかも、ある程度の技術も要りますし・・・


        また、手打ちで麺を作る場合には
        生地を寝かせるという工程がありますが
        フィリップス ヌードルメーカーにはこの工程はありません。

        何故、この工程が無いのかというと
        フィリップス ヌードルメーカーは
        生地を押し出して麺を作るからです。


        そもそも生地を寝かせるのは、生地を薄く延ばす際に
        生地が切れないようにするため。

        つまり、フィリップス ヌードルメーカーでは
        生地を寝かせる必要がないわけです。

        この工程が無い分、フィリップス ヌードルメーカーは
        短い時間で麺を作ることが出来るのです。


        ★価格・詳細はこちらの通販ページから

        フィリップス ヌードルメーカー(楽天市場)

        フィリップス ヌードルメーカー HR2365/01(アマゾン)




        新機能が搭載された日本仕様

        0
          フィリップス ヌードルメーカー
          2013年の4月に中国で最初に販売されています。

          その年の11月には台湾でも販売されましたが
          いずれも販売成績が良かったために
          日本での販売が決定したようです。


          今回日本で販売されるフィリップス ヌードルメーカー
          日本人の好みに合うように新しい機能が搭載されています。

          日本人はコシのある麺を好みますので
          よりコシのある麺を作るために
          「3段階押し出し製麺」が採用されています。

          また、捏ね時間の設定も、基本設定の5分から
          最大8分までの延長が可能になっています。

          そして、製麺キャップも4種類に増えています。


          こういった機能は
          日本の製麺業者からヒントを得て作られたのこと。

          ですから 、日本仕様のフィリップス ヌードルメーカーは
          日本人が毎日食べているような麺が作れます。


          ★価格・詳細はこちらの通販ページから

          フィリップス ヌードルメーカー(楽天市場)

          フィリップス ヌードルメーカー HR2365/01(アマゾン)





          | 1/1PAGES |